絹の道資料館

日本版シルクロードの盛衰

(知への小さな旅:トップ→目次→絹の道→)

絹の道へ   目次へ

 幕末の、1859年(安政6年)の神奈川(横浜)開港から明治初期にかけて、養蚕の盛んな多摩・秩父・群馬・甲州・信州地方から八王子に一旦集荷して原町田経由で、輸出用の生糸が神奈川・横浜へ大量に運ばれた。その経路となった街道が神奈川往還(浜街道とも)だった。その道を今日では通称・絹の道と呼んでいる。

 近年都市化が進み、この往還沿道でも当時の面影をとどめる所は殆どなくなったが、八王子市鑓水(やりみず)地区には地元の人々の保存努力もあって往時の風景がまだ若干残っている。養蚕地帯と横浜の中継ぎ地に当たる鑓水には、当時、生糸の仲買商人(鑓水商人)の屋敷が軒を連ねていたという。

その一人で鑓水の名主・八木下要右衛門は、石垣大尽のあだ名で呼ばれた豪商だった。「絹の道資料館」はその屋敷跡に建っている。敷地内には八木下要右衛門屋敷の発掘跡が保存され、また近くにある永泉寺の本堂は、彼の屋敷の母屋を移築したものと伝えられる。

 鑓水商人たちは元来その地の豪農だったが、幕末に八王子の織物業が盛んになった時期に糸商人として活躍し、さらに輸出生糸の仲買商人として成長して行った。その活躍は日本に近代的な製糸工場ができて、零細な家内製糸が没落するまで続いた。また絹の道を経由する物流は、1908年(明治41年)に現在のJR横浜線の前身の鉄道が開通すると共に急速に衰退した。鑓水の繁栄は約半世紀の賑わいだった。

 その間、絹の道は単に生糸の輸送経路にとどまらず、逆に西洋文化が関東西部地域へ伝わる道にもなった。当館には鑓水商人出現の背景と活動及び推移、さらに商人文化、養蚕や多摩の歴史など、当時の様子を物語る資料を展示している。なお絹の道は「鑓水峠越え」とし歴史の道百選にも選定されている。

絹の道へ   文頭へ

(作成日: 99/08/28、 更新日: )

 

(施設情報参考)名称_住所_電話番号_駅からの概算路線距離(駅からの概略方位と直線距離)・所要時間・バス_展示規模_対象_開館時間(受付終了時刻)_休館日_備考_{施設情報確認日}開閉館時間と休館日はよく変るし臨時休館もある。事前確認が賢明

 

八王子市 絹の道資料館_東京都八王子市鑓水(やりみず)989-2_TEL 042-676-4064_

a)京王相模線南大沢駅からは3.2km、京王バス利用なら上柚木経由橋本行きで「絹の道入り口」下車徒歩約10分、徒歩なら徒歩 43分。

b)JR・京王線の橋本駅から多摩美大前・上柚木経由南大沢行き京王バスで「絹の道入り口」下車徒歩約10分_

駐車場 普通車7台_中_大人_

(310)9:00-17:00

(112)9:0016:30_

月曜日(月曜日が祝日に当たれば開館し、翌火曜日休館)、年末年始(12/291/3)_団体は予約制_{17/03/10}