加曽利貝塚博物館

縄文人の生活と気候を示す巨大貝塚

(知への小さな旅:トップ→目次→遺跡・史跡→)

遺跡・史跡へ  目次へ

 縄文人が食べた貝の貝殻が溜まって出来た貝塚。これは太平洋沿岸に多い。中でも関東地方に全国の三分の二が存在し、特に東京湾内に集中している。この現象は当時の縄文人の人口分布に関係しているとされる。

 千葉市の現在の海岸線から約5キロ内陸へ入った洪積台地上に加曽利貝塚がある。この貝塚は世界的にも見ても大規模なものだ。ここでは5千年から3千年前に集落が存在し、南北400メートル、東西200メートルの地域に、直径100ないし200メートルの巨大な貝塚が二つ、8の字状に残っていた。

 両者は生成した年代が異なり、片方は縄文中期で、もう一つは後期に属する。加曽利貝塚の集落は約3千年前に最盛期を迎え、その後5百年ぐらいの間に人口が流出して急速に衰微した。その理由は気候の寒冷化によって海水面が低下し海岸線が後退したためと推定されている。ちなみに約6千年前には年平均温度が現在より約1度高く、海面が2ないし3メートル高かったと推測されている。

 ここには貝塚公園が造られ、その中に「貝塚博物館」が設置された。当館には貝塚が出来た時代に使われた土器・石器・漁労具・狩猟具など、貝塚とその周辺で発掘された生活用具が展示されている。中でも土器は加曽利E式土器とか加曽利B式土器などと、土器型式名の認定地になっている。

 石器について考えれば、当地は関東ローム層の土壌で小石さえも少ない土地なのに、出土した石器には用途に応じて多様な材質が使われている。例えば秩父の硅岩・輝緑岩、箱根の黒曜石、伊豆の浮き石、丹沢の閃緑岩、赤城の安山岩、そして糸魚川のヒスイなどと、広く関東周辺部の石材を使っている。これは当時すでに物々交換による物流が、広い範囲で行われていたことを示している。

 遺跡からは五十数体の埋葬人骨が発見されているが、同時に丁重に葬られた犬も発掘された。これによって狩猟用に犬が大切にされたことが分かる。なお公園内には貝塚の地層断面や住居跡の観覧施設も造られ見学に供されている。

遺跡・史跡へ    文書の先頭

(作成日: 99/10/19、 更新日: )

 

(施設情報参考)名称_住所_電話番号_駅からの概算路線距離(駅からの概略方位と直線距離)・所要時間・バス_展示規模_対象_開館時間(受付終了時刻)_休館日_備考_{施設情報確認日}開閉館時間と休館日はよく変るし臨時休館もある。事前確認が賢明

 

千葉市立加曽利貝塚博物館_千葉市若葉区桜木8-33-1 加曾利貝塚遺蹟公園内_TEL 043-231-0129_

a)JR千葉駅あるいはJR総武本線都賀駅から千葉都市モノレール千城台方面行きを利用し桜木駅下車後1.2km徒歩15(桜木駅からS25deg.E 0.9km)、桜木駅からの道はやや分かりにくいから、駅にある地図をよく見てから歩くとよい。

b)千葉駅京成バス9番乗り場から市営霊園経由の御成台車庫行きバスで「桜木町」下車後徒歩15分、役にる地図を見てから歩く_

駐車場 無料普通車10台_中_大人子供_

9:00-17:00(16:30)_

月曜日(月曜日が祝日に当たれば開館)、祝日の翌日、12/291/3_{17/05/03}