橿原考古学研究所附属博物館

古代国家発祥の地にある考古館

(知への小さな旅:トップ→目次→歴史・考古→通史→)

通史へ  目次へ

 大和三山の一つ、畝傍(うねび)山の近くに「奈良県立橿原考古学研究所附属博物館」がある。この研究所では1938年以来、奈良県下の遺跡の発掘調査を行なっており、その成果を当館で公開している。

 大和地方は日本でもっとも早くから開けた地方の一つであり、古代国家の舞台となった土地だ。当館は実物資料やレプリカを中心にして、常設展「大和の考古学」を設けて古代日本の姿を紹介している。

 当館の展示物は土地柄見事なものが多いが、特にはにわ類はいずれも大きいから目立つ。そこには特殊器台や円筒はにわ、人形・家形・動物・器財・壷形・船形・などの形象はにわが並んでいる。大きなキヌガサ形はにわも目を引く。

 ところで当館の西北西約14kmの二上山の株山からは讃岐岩(さぬきがん、サヌカイト)が多量に産出する。この石はカナヅチでたたくとカンカンと音を発するほど硬質でち密な石質を持ち、旧石器時代から弥生時代中期まで刃物用素材として盛んに利用された。すでに旧石器時代から二上山のふもとには、その加工用の集落が多数存在したという。そこでは量産体制が確立し、遠くの地方まで製品の石器が運ばれていった。

 縄文時代になると石の矢じりや槍の穂先など、より精巧で鋭いものが作られた。その頃になると人々は食料資源の豊富な山間部の谷間や山麓に定住して、狩猟・漁労と採取の生活を始め、国内各地との交易も始まった。しかし、奈良盆地の中央部はまだ低湿地の段階で住み難かったようだ。

 弥生時代になると大陸から稲作や畑作物が伝わり、金属器や機織りの生産技術、及び銅鐸での祭祀の風習も伝来した。狩猟と採取の生活に農耕が加わり、人々の生活様式は大きく変化した。生産力の増大と共に富の蓄積が進むと、その争奪戦が起るようになった。人々は大規模な土木工事で環濠集落や高地性集落を築造し、戦いに備えた。

 この過程から原始的なくにが形成され、やがてヤマト政権が成立する。大王の住む所は都となり、近くにはその権威を象徴する前方後円墳が造営された。桜井市南部のメヌリ山古墳は当時の代表的古墳とされ、当館にはその出土品のはにわや武器が展示されている。

 朝鮮半島の戦乱で移住者か増えると、金属加工や須恵器などの生産技術、乗馬や横穴式石室の風習、優れた土木技術などが伝えられ、古代社会は大きな影響を受けた。古墳の形も変化し、前方後円墳に代わって円墳や方墳が造られた。大円墳・藤の木古墳からは豪華な出土品が出たが、その展示品は当時の金工技術水準の高さを示している。

 古墳時代に続く飛鳥・奈良時代は大和地方がもっとも輝いた時代であり、飛鳥川沿いの飛鳥・藤原地区の狭い範囲に、592年以来約1世紀にわたっていくつもの都が造営され、古代政治の舞台となった。飛鳥の宮などである。

 やがて大陸から導入された律令制度の権威を体現し、対外的な配慮もあって都の造営が計画され、長安を模した碁盤の目の区画を持つ大規模な藤原京や平城京が造られた。当館には飛鳥・奈良時代の多くの出土品と、都や建物の模型などが展示されている。

 8世紀末に平城京が放棄されると、大和は政治の中心地の地位を失った。しかし大寺院の文化的影響力と高い農業生産力によって、文化的先進地域の地位を中世まで長く保った。当館は民衆の生活面に脚光を当て、中世までの大和の歴史を紹介している。

通史へ    文書の先頭

(作成日: 02/10/26、 更新日:)

 

(施設情報参考)名称_住所_電話番号_駅からの概算路線距離(駅からの概略方位と直線距離)・所要時間・バス_展示規模_対象_開館時間(受付終了時刻)_休館日_備考_{施設情報確認日}開閉館時間と休館日はよく変るし臨時休館もある。事前確認が賢明

 

奈良県立橿原考古学研究所附属博物館_奈良県橿原市畝傍町 50-2_TEL 0744-24-1185_

a)  近鉄橿原線畝傍御陵前駅から0.5km(70deg.W 0.3km)徒歩7分、

b)  近鉄南大阪線橿原神宮前駅から徒歩17分、タクシーあり_中_大人子供_

9:00-17:00(16:30)_

月曜日(月曜日が休日に当たる場合は開館し、翌日休館)12/281/4、年間数日の臨休あり_{17/05/03}