横浜開港資料館、函館市旧イギリス領事館(開港記念館)

玉楠の木は開国に立ち会った

(知への小さな旅:トップ→目次→歴史・考古→近代→)

近代へ  目次へ  関連へ

参照(開港B)  参照(開港C)  参照(開港D)

 安政元年(1854年)6月、日米和親条約は現在「横浜開港資料館」の建っている場所で締結された。この条約は米船に水・食糧・燃料の補給などを約したものだったが、条約の締結は当館の中庭がある所で行なわれた。日本開国の歴史的瞬間だった。

 中庭に生えている玉楠(たまぐす)の木は、当時もそこにあり、締結はその近くで行われたと伝えられる。残念ながらその木は関東大震災で幹が焼けてしまったが根が残り、いま茂っているのは再生した二代目という。当館はこの由緒ある土地に建てられた(写真参照)kaikoku

 その後日本は1858年(安政5年)に日米修好通商条約を、次いで英・仏・露・蘭の国と同様の条約を締結し、箱館・神奈川(横浜)・長崎・新潟・兵庫(神戸)の五港の開港を決定した。翌1859年には箱館・横浜・長崎がまず開港された。

 当館の規模は余り大きくないが、その展示内容は当然、開国と神奈川(横浜)開港、文明開化の先進地としての横浜とその発展、並びに日本の近代化の歴史となる。またペリー提督と老中主座・阿部正弘、その他交渉に関与した幕臣たち、ローマ字のヘボン博士など、その間に登場した外国人たちの紹介をしている。

 また当館の旧館は旧英国総領事館だったが、その記念ホールの壁面には1863年に起こった薩英戦争のこん跡が残っている。すなわちこの戦いをした英国艦隊は神奈川から出撃し鹿児島へ向かった。

 戦いは新型のアームストロング砲を装備した英艦隊の圧勝で終わった。しかし薩摩藩もかなわぬまでも砲台から反撃し、その一発が旗艦に命中し艦長以下13名が戦死した。ホールの銘板には彼らの名前や生年月日、階級などが一人ずつ刻まれている。

 艦砲射撃によって鹿児島は大きな被害を受け、島津斉彬が創設した集成館も破壊されてしまった。当時の英国新聞が市街地の艦砲射撃を批判しているほどだ。しかし薩摩藩の藩論はこれを機に攘夷から開国へ一転した。自分たち力では、攘夷の実行はとうてい無理と悟ったからだ。

 一方、旧英国領事館は函館市にも残っている。1913年(大正3年)にできたこの建物は現在「函館市旧イギリス領事館 (開港記念館)」となっている。

 函館の地名は維新以前には箱館と書かれていた。1854年の日米和親条約で下田と箱館は米国船舶の補給や領事館の設置などのため開港された。1858年には安政五カ国条約によって貿易港として五港の開港が決まった。

 これを受けて1859年にはその第一陣として長崎と神奈川、及び箱館が貿易港として開港した。その結果、箱館には英国と米国及びロシアの領事館が設置され、居留地も建設された。

 約10年後には箱館戦争が起こり戦火が及んだが、その後、函館は地の利によって順調に発展していった。明治末の1908年には青函連絡船が就航し、大正時代には北洋漁業基地として活況を呈した。そして函館は昭和初期までは道内一の大都市だった。ただ、その間に5回の大火があったので、領事館も被災の都度、建て直されている。

 館内には開港以来の函館の変遷や、英国などとの関わりなどが紹介されている。また当時の領事館室内の再現もしている。ホールにはペリー座乗のポーハッタン号の大型模型や、函館にゆかりの深かった外国人像も置いてあり記念撮影の場となっている。

 当館の周りには重要文化財のピザンチン風の聖ハリストス正教会や、コロニアル風の旧函館区公会堂などの洋館などがある。この一帯は重要伝統的建造物群保存地区に指定されており、函館観光の中心地となっている。

近代へ    文書の先頭

(作成日: 99/09/28、 更新日: )

 

(施設情報参考)名称_住所_電話番号_駅からの概算路線距離(駅からの概略方位と直線距離)・所要時間・バス_展示規模_対象_開館時間(受付終了時刻)_休館日_備考_{施設情報確認日}開閉館時間と休館日はよく変るし臨時休館もある。事前確認が賢明

 

横浜開港資料館_横浜市中区日本大通 3_TEL 045-201-2100_

a)みなとみらい線日本大通り駅3番出口から徒歩2分、

b)JR京浜東北線桜木町駅から1.4km(80deg.E 1.2km)徒歩18分、市営バス利用なら「港の見える丘公園行き」で「日本大通り」下車後徒歩約2

c)JR京浜東北・根岸線関内駅南口や市営地下鉄関内駅から徒歩約15分_中_大人_

9:30-17:00(16:30)

(ただし410月、3月の祝日を除いた水曜日は展示室だけ時間延長をする。9:30-19:00(18:30))_

月曜日(月曜日が祝日に当たる場合は開館し、翌日休館)、年末年始、資料整理日_{17/03/10}

 

函館市旧イギリス領事館(開港記念館)_函館市元町33-14_TEL 0138-27-8159_

JR函館駅から2.4km(60deg.W 1.6km)徒歩約32分、駅から市電を利用し「末広町」電停下車後徒歩約5分、バスもタクシーも利用できる_

市営駐車場(有料)あり。_中_大人_

9:00-19:00(4/110/31)_

9:00-17:00(11/13/31)_

12/311/1だけ_{17/06/14}