岩宿博物館、史跡岩宿遺跡遺構保護観察施設(岩宿ドーム)

日本人の歴史を画期的広げた遺跡

(知への小さな旅:トップ→目次→歴史・考古→原始→)

原始へ  目次へ  関連へ

参照(岩宿遺跡B)  参照(岩宿遺跡C)

 絹織物で知られる桐生市の西南、渡良瀬川の造った大間々(おおまま)扇状地の扇央を両毛線が横切る。その岩宿(いわじゅく)駅から少し歩いた所に二つの小山が並んでいて、その鞍部を切通して道路が通っている。

 この切り通し部分で見付かった小豆ぐらいの黒曜石剥片が日本人の歴史を塗り替える端緒となった。それは終戦の翌年、1946年のことである。発見者は考古学好きの相沢忠洋青年で、当時20才だった。彼は納豆の行商で、この切り通し部分を往復している内に、関東ローム層の赤土の中からこれを発見した。すばらしい観察眼だった。

 その後、採取した資料の研究をすると共に、さらにその地点へ注意深い観察を続けて、1949年、ついに黒曜石製矢じり形の尖頭器を見付けた。彼はこの事実を明治大学の芹沢長介講師(当時)らに知らせ、同年秋に同大の本格的発掘調査が行われた。その結果、近くの赤土層の上下二層から多数の石器が出土した。

 それまでは関東ローム層が堆積した時代は火山活動が激烈で、とても人間の住める環境ではなく、従って最初の日本人は関東ローム層堆積期以後の縄文人というのが学会の定説だった。赤土層から石器が出土したことは、土器を伴わない旧石器時代の存在を明らかにするものだった。

 1949年に本格的な発掘調査を実施した地点は現在国の史跡に指定されている。また相沢青年が石器を発見した所には「史跡岩宿遺跡遺構保護観察施設(岩宿ドーム)」が造られ、その崖が保存している。そして近くの鹿の川沼に隣接して岩宿人の広場が設けられ「岩宿博物館」が設置され出土品を展示している。

 同館は岩宿遺跡の発掘や岩宿時代の自然環境と生活、以後各地で発掘された旧石器時代の遺跡と岩宿の関連など、様々な角度から岩宿遺跡と旧石器時代を紹介している。相沢氏の発見は日本人の歴史を1万年台から一挙に何倍も拡大するものだった。

 これを契機に全国各地から続々と旧石器遺跡が見付かり、現在その遺跡数は数千に及ぶといわれる。しかし、例の不心得者のねつ造問題によって、3万年より古いとされた全ての遺跡に疑問符が付き、その研究が白紙に戻ったのは本当に残念なことだ。

 なお鹿の川沼は17世紀にこの地の代官であった岡上景能(おかのぼり・かげよし 1626 1687)が、水不足の扇状地に新田を開拓するため造成した岡登用水の貯水池(旧名 岩ノ下溜井)だった。彼は水利権調整や漏水対策に苦労しながら工事を完成させたが、工事費の超過とそれを補う手段が政争の具にされ、自らの命も失う悲劇に陥った。

原始へ   文書の先頭

(作成日: 99/09/27、 更新日: )

 

(施設情報参考)名称_住所_電話番号_駅からの概算路線距離(駅からの概略方位と直線距離)・所要時間・バス_展示規模_対象_開館時間(受付終了時刻)_休館日_備考_{施設情報確認日}開閉館時間と休館日はよく変るし臨時休館もある。事前確認が賢明

 

岩宿の里・岩宿博物館_群馬県みどり市笠懸町阿左美 1790-1_TEL 0277-76-1701_

JR両毛線岩宿駅から1.6km(75deg.W 1.1km)徒歩21分、タクシーあり_中_大人子供_

9:30-17:00(16:30)_

月曜日(祝日と重なる場合は開館し、翌日休館)12/281/4、薫蒸などのための臨休あり_{17/03/10}

 

史跡岩宿遺跡保護観察施設(岩宿ドーム)_群馬県みどり市笠懸町阿佐美2418-1_場所は上記博物館のごく近く(問い合せの電話は上記の岩宿博物館へ)_

現地はJR両毛線岩宿駅から1.4km(65deg.W 0.9km)徒歩17分_小_大人子供_

9:00-17:00(16:30)_

月曜日(祝日と重なる場合は開館し、翌日休館)12/28-1/4、臨休あり_{17/03/10}