東村山ふるさと歴史館

街道は政治経済の中心へ向かう

知への小さな旅:トップ→目次→運輸交通→)

運輸交通へ   目次へ

 関東平野の西縁部にある東村山市には、昔からこの地方の主要街道が通っていた。街道はその時代の政治・経済の中心地へ向かう交通路として、沿道に利益をもたらしたが、その反面、戦乱も招来した。

 もっとも、単なる交易や生活のための経路は原始時代からあったようだ。すでに縄文時代には石器材料の黒曜石が諏訪・箱根・伊豆、及び神津島などから運ばれていたことが、市内の遺跡出土品の石質調査で確認されている。また千葉方面からは貴重な塩を運ぶルートも存在したという。

 「東村山ふるさと歴史館」は当地の歴史を道との関係で紹介している。7世紀の律令時代、当地には武蔵国と上野国の国府を結ぶ東山道武蔵道が通っていた。それは直線コースの幅員12メートルもある側溝付きの立派な道路で、政治上重要な道であると同時に、当地方へ仏教文化を広める役割も果たした。

 平安時代になると、武蔵国の国司が当地に悲田処(ひでんしょ)を設置している。この施設は、庸・調制度による都への物資の輸送や、都の造営や軍役などに従事する人々の、行路中の飢えや病気を救護し宿泊させるための施設であった。

 鎌倉時代には、鎌倉と武蔵・上野・信濃方面との交通路として、鎌倉街道上つ道が当地を通過していた。この街道は鎌倉幕府の政治経済上の大切な道路であると共に、いざ鎌倉の際の軍用道路としても機能した。

 鎌倉時代末期には、北上する幕府軍と上野国から南下した新田義貞軍が、鎌倉街道沿線で天下分け目の合戦をしている。また戦国時代には上杉氏や北条氏がこの一帯で度々交戦し、その中でも河越城の夜戦や上杉謙信の小田原攻撃はよく知られている。

 江戸時代になると、政治経済の中心が当地から見て東方の江戸へ移動し、街道も今までの南北方向に代わって東西方向に発達する。同時に河川水運も整備され、当地は江戸に生活物資を供給する後背地となった。また甲州からの物資輸送の中継地にもなった。

 明治維新直前の1866年には有名な武州世直し一揆が起こった。一揆勢は江戸道上で幕府側の田無農兵隊と衝突して撃破された。明治以降には鉄道が敷設されて水運は衰退した。現在、当市は東京の衛星都市として、道路と鉄道でその結び付きが強くなっている。

運輸交通へ     文書の先頭

(作成日: 00/06/13、 更新日: )

 

(施設情報参考)名称_住所_電話番号_駅からの概算路線距離(駅からの概略方位と直線距離)・所要時間・バス_展示規模_対象_開館時間(受付終了時刻)_休館日_備考_{施設情報確認日}開閉館時間と休館日はよく変るし臨時休館もある。事前確認が賢明

 

東村山ふるさと歴史館_東京都東村山市諏訪町 1-6-3_TEL 042-396-3800_

a)  西武新宿線・国分寺線東村山駅西口から0.8km(5deg.E 0.7km)徒歩10

b)  東村山駅西口からグリーンバス諏訪町循環を利用し、「ふるさと歴史館」下車_小_大人子供_

駐車場は3台と少ないので、公共交通利用を推奨。身障者用は別にある。_

9:30-17:00_

月曜日・火曜日(祝日・振替休日に当たれば開館し、翌平日休館)12/271/57月と9月頃に館内整理のための臨休(7/277/30, 9/79/10)_{17/03/06}