大黒屋光太夫記念館

心ならずもロシアへ行った男たち

(知への小さな旅;トップ→目次→人物目次→国際交流→)

国際交流へ  目次へ  参照(漂流民B) 

 今ならロシア観光旅行も簡単だが、鎖国政策が厳重だった江戸時代には、例え遭難でも海外渡航は認められず、帰国すれば処罰の対象となった。その困難な時代にロシア国中を見て帰って来た人が千石船の船頭・大黒屋光太夫(17511828)だった。

 彼は伊勢国若松、現在の三重県鈴鹿市若松で生まれた。1782年、彼は神昌丸の船頭として米や木綿などを積んで、地元の白子(しろこ)から江戸へ向かった。白子は伊勢型紙の産地として知られていた所だ。ところが途中遠州灘で暴風に遭い、船は流されて長い漂流の後、遠くアリユーシャン列島アムチトカ島に漂着した。

 乗組員たちはそれから10年間、酷寒のシベリアなどロシア国内を移り歩き、仲間を次々に病気や寒さで失いながらも帰国の途を探し求めた。幸いにも博物学者ラックスマンに出会い、その縁で光太夫はエカチェリーナ2世に謁見する機会を得て帰国を願った。

 その結果、対日通商関係樹立に関心を抱いていた彼女の勅令によって、露艦に乗って鎖国下の日本へ配下と共に送還された。17人の乗組員中、帰国を果たしたのは僅か3人だったが、その1人は根室で病死し、江戸まで帰り着いたのは光太夫と磯吉だけだった。

 帰国後2人は箱館から江戸に送られ取り調べを受けたが、諸外国との関係が急を告げる時勢だったからか、厳しい罰は受けなかった。その上、将軍家斉と老中列座の場でロシア事情を説明している。その時の彼らが着ていた服装は絵に描かれて残っている。

彼らへ幕府の尋問結果は「北槎異聞(ほくさいぶん)」として纏められた。それを幕府の奥医師や医学館教授を歴任した桂川甫周(四代目 国瑞くにあきら)が大幅に増補加筆した「北槎聞略(ほくさぶんりゃく)」は17948月完成した。北槎聞略は当時のロシア帝国の全般的姿を記載した大部な書籍であり重文になっている。

もっとも現在のロシア領に漂着し帰還したのは越前廻船の人々の方が140年ほど早かった。しかしロシアの辺境の地に漂着した彼らは、現地民に捕まった。その虐待から逃れて清国に保護され、その配慮によって朝鮮・対馬経由で戻って来た。従ってロシアに関する情報は光太夫の方が質量共にはるかに優れていた。

 当時の幕府には光太夫らの貴重な見聞や情報、及びロシア語の能力を放置できない必要性があった。光太夫らは江戸小石川の薬草園内に屋敷を与えられた。それは軟禁目的だったかもしれないが妻帯もしている。彼は蘭学者とも交流し有名なオランダ正月の行事にも招かれている。また故郷への墓参や母親との再会、さらに伊勢神宮参拝も果たしている。

彼らは小石川に30年以上住み、後半生は比較的安穏に暮らし天寿を全うした。しかし彼らの語学力や見聞などの、貴重な知識は殆ど継承されずに途絶えてしまった。一方、光太夫と共にロシアに漂着し現地に残った新蔵や庄蔵はイルクーツクで日本語教師に任命され、新蔵はロシア人と結婚して1810年に死亡している。

鎖国体制下の日本では外国の事情は為政者さえもなるべく見ざる聞かざるで通すのをよしとしたのだろう。皮肉にも幕府が対露交渉に直面して苦しむのは彼らの晩年からだった。彼らの故郷・若松には郷土の大旅行者?を記念して「大黒屋光太夫記念館」が造られ、その足跡や生涯などを紹介している。なお根室まで帰りながら病没した小市の妻にも幕府は下賜金を与え、遺品も引き渡すという異例の扱いをしている。

ところで日本沿岸で遭難し、カムチャッカ半島やアリューシャン列島などの北辺領域に漂着した船は神昌丸だけではなかった。いずれも貨物を運ぶ廻船で、一本の帆柱に大きな横帆を張って帆走する船だった。それらは帆のほかに水主(かこ)の漕ぐカイを補助的に使っていた。

これらの船は多少の逆風帆走も可能だったそうだが、無動力の帆船だから天候や風向きの予測を誤って、時化や強風に遭遇すれば、もはやお手上げとなり後は運を天に任せるしかなかった。ただ廻船には通常積荷に米や食料品を積んでいたから、半年にも及ぶ漂流でも生命を保つことができた。

ここに北方への漂流例をいくつか挙げると、越前の廻船(1644年遭難)、大坂の伝兵衛たち(1695年)、薩摩の若潮丸(1728年)、南部下北の多賀丸(1744年)、伊勢の神昌丸(1783年)、石巻の若宮丸(1793年)、南部下北の慶祥丸(1804年)、摂津の歓喜丸(1810年)などが比較的記録の明らかな例である。

漂流民の大部分は漂流中に死亡したり、漂着直後に現地民に襲撃されたり、ロシア国内を移動中や越冬中に倒れたりで死亡している。それでも中には異国の過酷な環境をたくましく生き抜き帰国を果たした人も少しはいた。またロシア正教に帰依して帰国をあきらめロシアで生涯を終えた人々も少なくなかった。

ロシアに帰化した人たちの多くは日本語教師や通訳として採用された。彼らの中には光太夫と同様に遠くペテルブルグまで行き、時の皇帝に謁見できた幸運な人もいた。例えば光太夫よりずっと前に漂着した伝兵衛は1701年にピョートル大帝(在位1682-1725)に謁見し、ロシアでの日本語教師の称号を与えられた。

ピョートル大帝は西欧文化や技術の導入に熱心な人で、自ら西欧へ赴き名を隠して造船所の職工になって学んだほどの人物だったから、海外情報の収集に敏感だった。当然極東の日本にも関心を持ち、伝兵衛を厚遇し将来のために日本語の教育をさせるよう命じている。

ロシア政府はその後も日本人漂流民を選別して日本語教師や通訳に起用した。中でも若潮丸のゴンザ(権蔵?)は年若く優れた人だったようで、ロシア語の教育も受け、後年同じ船の年配者ソーザ(宗蔵?)の助力も受けて露日辞典や会話集、さらに日本語の文法書などを作ったが惜しくも早世している。

南部領下北の多賀丸漂流民からも5人が日本語教師に任命されている。その一人南部領宮古出身の三之助の息子アンドレイ・イヴァノヴィッチ・タタリノフも日本語を学び、後年露日辞典を編纂した。その頃ロシアには各漂流船の漂流民間に交流があり、帰化組と帰国組間の確執もあったようだ。

さらに光太夫らが帰国した頃、石巻を出港して江戸へ向った若宮丸の16人は漂流後、光太夫らと同じような運命をたどった。若宮丸は半年の漂流後、アリューシャン列島に漂着しロシア人に助けられた。彼らの内、6人はロシア国内移動中に倒れ、残りはペテルブルグまで行き皇帝に謁見した。その席でロシア正教に帰依していた6人はロシアへの帰化を願っている。

結局4人だけが11年後、ナデージタ号で長崎へ送られてきた。彼らは幕府の取調べを受けた後、仙台藩へ引き渡され、さらに藩の取調べを受けた後に故郷へ帰された。この4人はそれ以前の漂流民とは異なり世界周航に参加したという特筆すべき体験を持っていた。

彼らはロシア領の東端から西端までを馬車で移動し、そこからレザノフやクルーゼンシュテルンが率いる世界周航船隊のナジェージダ号に乗り組み大西洋から太平洋へ周航した。船隊は船の難所として知られる南米南端のマゼラン海峡を通過し、ハワイにも立ち寄り、世界各海域の海水温垂直分布や海流などの海洋調査の他、地理や民俗風習などの調査をしている。

従って世界一周をした彼らは当時の日本にとって貴重な情報を提供できたに違いない。しかし幕府が取調調書を作成したのと、仙台藩が蘭学者大槻玄沢に彼らを調べさせて後に玄沢がその供述を基にして「環海異聞」を1807年に著した程度だった。もっともクルーゼンシュテルン(1770-1846)の名著・世界周航記の抄訳は後に幕府天文方で行われている。

将軍家が二度も謁見した光太夫らと、幕府に遠慮する外様藩へ引き渡された若宮丸の帰国者とでは帰国後の扱いに明らかな差があった。彼らは故郷に帰ったのも束の間、2人はその年内に死亡した。残る2人は長く生きたようだが異国での体験は夢として堅く口をつぐむのが生きる道だったのだろう。

一方、1813年、日本側に抑留されていたロシア艦ディアナ号のゴロヴニン艦長(当時少佐で後中将)ら7人の救出のため箱館にリコルド少佐(後の海軍大将)指揮のディアナ号が来航した。そこには若宮丸漂流民でロシアに帰化した善六がロシア側通訳として参加していた。この救出交渉は高田屋嘉平衛の尽力によって成功し、善六もロシア政府から褒賞を受けている。

このように漂流民に対する扱い方とその能力の活用に関しては、日露両国の姿勢には大差があった。ロシア側は彼らを活用し、将来に備えようとした。一方、幕府は祖法の鎖国を頑なに遵守しようとして、折角の情報は握りつぶし、貴重な資料は秘蔵して役立てようとはせず、ただ幕府支配の安永を保とうとした。これは後年の伊能忠敬が作った伊能図の活用でも同じだった。 

国際交流へ  文書の先頭

(作成日: 99/08/25、 更新日: 05/1/0)

 

(施設情報参考)名称_住所_電話番号_駅からの概算路線距離(駅からの概略方位と直線距離)・所要時間・バス_展示規模_対象_開館時間(受付終了時刻)_休館日_備考_{施設情報確認日}開閉館時間と休館日はよく変るし臨時休館もある。事前確認が賢明

 

大黒屋光太夫記念館_三重県鈴鹿市若松中 1-1-8 若松小学校の校門前、若松公民館となり_TEL 0593-85-37970593-82-9031(鈴鹿市文化振興部文化課)0593-85-1919(大黒屋光太夫顕彰会)_

a)  近鉄名古屋線伊勢若松駅(急行停車)から1.2km(15deg.W 1.1km)徒歩16

b)  近鉄名古屋線白子駅(特急停車)からはタクシー約10

駐車場 公民館に共用で8台、または近くの若松地区市民センターの駐車場が利用可能_小_大人_

10:00-16:00_

月曜日(月曜のみ休日の場合は開館する)、火曜日、第3水曜日、年末年始_{17/03/13}