幕末と明治の博物館、旧多磨聖蹟記念館

維新の志士たちの書画が

(知への小さな旅:トップ→目次→歴史・考古→近世→)

近世へ  目次へ

参照(水戸藩A)  参照(水戸藩B)  参照(水戸藩C) 

 風光明美な海岸に面した茨城県大洗町、この町にはレジャーやキャンプに訪れる人が多い。この一帯は幕末動乱に関係深い土地だった。まず、ここは尊擾思想の本家・水戸藩の領地であり、那珂川を挟んで那珂湊(なかみなと)に隣接している。

 水戸の東南10キロほどの那珂川河口にある那珂湊には、徳川斉昭の命によって反射炉が築造され、大砲を鋳造していた。その海岸には異国船防備のための防塁が築かれていた。さらに斉昭没後には藩内改革派と保守派との抗争が激化し、両派はこの地一帯で戦火を交えている。

 「幕末と明治の博物館」はこの由緒ある土地に造られた。当館の前身は土佐出身の志士・田中光顯(みつあき 号青山1843-1939)が設立した。彼は明治政府の宮内大臣などの要職を勤めた。その晩年に、尊王攘夷のさきがけとなった水戸藩志士を顕彰するため当地に記念館を建てた。

 水戸藩は徳川御三家でありながら、尊皇擾夷思想によって幕末政治思想の先駆者的な役割を果たした。そのため幕府に警戒され、藩政改革の意見対立も重なり藩論は分裂し内部の抗争が激化した。終には藩主の統制も利かなくなり、その内戦を幕府や諸藩の兵の助けによって収める惨状だった。

 館内にはペリーの開国要求から幕府の対応、国論の分裂、安政の大獄、桜田門外の変などと、幕末から維新までの動乱の歴史を紹介し、志士の遺墨や遺品を展示している。当館ではこの経緯の紹介後、明治天皇や皇族方、及び同時代に活躍した多くの人々の書画を見せている。

当館のテーマは幕末と明治の青春群像だが、事実そこに展示してある人々の維新時の年齢は、現代感覚から考えれば驚くほど若い。その青春エネルギーが維新と明治時代を動かしたといえよう。また当館は横山大観や小川芋銭などの茨城に縁の深い人々の日本画や美術工芸品も展示している。

 青山は大洗のほかに東京都多摩市と彼の故郷土佐県佐川町にも収集した史料を分けて展示施設を造った。多摩丘陵には明治天皇が4回ほど兎狩や鮎漁に行幸されたそうだが、そのわずかな縁を記念して「旧多磨聖蹟記念館が建てられた。なにしろ天皇制の華やかな時代だったから。

xseiseki青山が開設した1930年頃、そこは多摩丘陵の疎林に囲まれた丘の上だったと思うが、当館の周りは公園化され、聖跡桜ヶ丘公園と呼ばれていた。1930年に竣工したモニュメント風の当館建物(挿絵参照)は、オーストリアやドイツの近代建築様式を参考にしてデザインされた建物として、市の有形文化財に指定されている。

館内には明治天皇の実物大の騎馬像が置かれている。当館の規模は小さいが、維新の元勲や志士たち、明治宮廷で活躍した女流歌人の税所敦子(さいしょ・あつこ)、さらに徳川斉昭・慶喜、藤田東湖・勝海舟・徳富蘇峰など幕末から明治に活躍した人々の書状や書画を順次公開している。

地元の観光開発機運もあって公園化された一帯は桜が植えられ、戦前・戦中期には定番の遠足コースとして多くの青少年が来訪した。現在は都立桜ヶ丘公園として、桜の季節には花見客が訪れる。なお公園入り口の横には満蒙開拓団殉難者の慰霊公苑がある。

明治の時代が大日本帝国の興隆期ならば、この慰霊碑は国の進路をいつしか誤った結果の一つの表れといえなくもない。現代に生きる我々も心せねばなるまい。なお神奈川県小田原市には青山の別荘が残っており、小田原文学館に活用されている。

近世へ    文書の先頭

(作成日: 99/09/07、 更新日: 05/11/20)

 

(施設情報参考)名称_住所_電話番号_駅からの概算路線距離(駅からの概略方位と直線距離)・所要時間・バス_展示規模_対象_開館時間(受付終了時刻)_休館日_備考_{施設情報確認日}開閉館時間と休館日はよく変るし臨時休館もある。事前確認が賢明

 

幕末と明治の博物館_茨城県東茨城郡大洗町磯浜町 8231-4_TEL 029-267-2276_

a)JR常磐線水戸駅北口から約12.5km(65deg.E 11.1km)水戸駅から茨城交通バス「アクアワールド」行き(20分間隔で運行)に乗って約35分「幕末と明治の博物館」下車、

b)水戸駅で大洗鹿島線に乗り換えて約16分、大洗駅下車後町内循環バス海遊号で約6分「幕末と明治の博物館入り口」下車、または大洗駅からタクシー5分。ただ水戸駅からのバス利用の方が約20分おきに発車するから便利なようだ_

駐車場 普通車30台_中_大人_

9:00-17:00(16:45)_

水曜日(水曜日が祝日または振替休日に当たれば開館し、翌日休館)、年末(12/2712/31)

(なお4/205/5と、海の日から8月末までの期間は無休)_{17/08/02}

 

旧多磨聖蹟記念館_東京都多摩市連光寺 5-1-1 都立桜ヶ丘公園内_TEL 042-337-0900(記念館)042-375-8111(教育委員会生涯学習振興課文化財係)_

a)京王線聖蹟桜ヶ丘駅から2.7km(SE 1.9km)、徒歩なら長い上り坂になる。

b)同駅から京王バス聖ヶ丘団地経由永山駅行きで「記念館前」下車徒歩5分_

駐車場 あり_小_大人

10:00-16:00_

月曜日と水曜日(その日が国民の休日に当たる時は開館し、その翌日に休館する)12/291/3

臨休(20016年度の例では6/14,6/21,6/28,7/12,7/21,7/26,8/9,8/16,8/23,8/30,12/13,12/20,12/27,17/1/17,1/24,1/31,2/14,2/212/28などの臨休あり)、その他にも臨休あり、要照会_{17/02/15}

}