荒川知水資料館

東京下町を水害から守った大事業

(知への小さな旅;トップ→目次→社会基盤→)

 

目次へ  社会基盤へ

 

参照(河と街道A)    参照(河と街道B)

 

参照(荒川B)  

 

 暴れ川と称された荒川は古来再三洪水を起こし、流域住民は度重なる水害に悩まされた。特に近世以降、関東の湾岸地帯は人口が集中し、ひとたび洪水が起これば甚大な被害を受けるようになった。

 

 例えば明治43年(1910年)の大洪水では東京の下町全体が泥の海になった(関東大水害)。東京と埼玉の浸水家屋は25万戸を超えた。その対策として政府が翌年から着手したのが、荒川を分流する事業だった。

 

当時、荒川本流だった隅田川の上流部は、蛇行が著しく川幅も狭かった。改修事業ではそこから東京湾へ向うバイパス水路(荒川放水路)開削を計画し、その事業が最終的に完成したのは1930年だった。そして現在ではこの放水路が荒川の本流と定められた。

 

この改修事業は河水の分流を計ると共に、さらに蛇行のない川幅の広いバイパス水路によって、河水の速やかな流下・排出を図った。また分流点に水門(岩淵水門)を築造して隅田川への流下水量の調節も目論んだ。

 

 元来、荒川は江戸時代初期までは利根川の支流だったが、幕府の付替え事業の結果、河水は隅田川に流れ込むようになった。そのままでは江戸の洪水危険度が高まるから、浅草の北方から隅田川の上流に向けて逆八の字形に二本の堤を築造した。

 

 これが日本堤と隅田堤であり、その両堤は下流側の間隔を狭めて配置された。こうすれば洪水の際、過剰な河水は上流の水田地帯に溢れて、その一帯を遊水池化して一時滞留する。それで隅田川下流に流入する水量を抑える策だった。

 

 この方式は江戸下町の洪水対策としては好都合だが、遊水地域に住む農民は洪水の度に河水が滞留して大いに困惑した。だが明治以降はこの地域にも近代産業が立地し市街地化も進むにつれ、そのような策は採れなくなってきた。

 

 そこで荒川放水路開削計画が提起された。分流地点は現在の東京都北区と埼玉県川口市が接する所だった。ここから隅田川の東側に川幅約500m、延長約22kmの大水路を造り東京湾に放流する大工事だった。

 

 この河川改造事業は新淀川・信濃川大河津分水路・新北上川の分流・改修事業と共に近代日本の大規模河川事業の一つに数えられる。ちなみに荒川放水路の掘削土量は2,180万立米、築堤土量1,211万立米、工事延べ人工310万人に及んだという。

 

 荒川分流・改修事業は1911年(明治44年)に始まり、工事は1913年に着工し1930年(昭和5年)に竣工した。用地買収は1068ha、建物移転は1300戸にも及んだ。

 

 この工事は、パナマ運河建設工事に参加したただ一人の日本人だった旧内務官僚の青山 士(あおやま あきら 18781963)が中心となって推進された。なお事業竣工後、分水点の堤防下に工事関係者が建てた小さな治水大成碑が残っている。

 

その碑面には「此ノ工事ノ完成ニアタリ多大ナル犠牲ト労役ヲ払ヒタル我等ノ仲間ヲ記憶センカ為ニ…… 荒川改修工事ニ従ヘル者ニ依テ」と青山自身の名前を伏した文が刻んである。

 

一般にこの種の記念碑には名士の名前を入れた文が刻まれるものだが、それがない点でも立派な碑だ。傍らにある「荒川知水資料館」はこの事業や青山 士の業績を紹介している。

 

付言すれば、パナマ運河工事で彼は一介の測量士から最後は副技師長まで昇進したが、最後は米国の日本人排斥運動により、完成を待たずに帰国した。パナマ共和国のパナマ運河博物館には建設の功労者として彼の写真が展示されているという。

 

iwaibuchiなお放水路完成時の岩淵水門はその後の地盤沈下や両岸の不等沈下対策・老朽化対策、及び洪水調整能力増強のための計画高水流量変更により、新水門完成と共に供用を終了した。今では推薦産業遺産・東京都の選定歴史的建造物になり、現地に保存されている。

 

 旧水門は赤色に塗装され通称赤水門と呼ばれる。そして後継の水門は赤水門の近くに建造され1982年完成した。こちらは青色塗装で通称青水門といわれる。両者は分流点の前後に並んでおり、赤水門付近は公園化されている。

 

 永年の治山治水努力によって、荒川が東京下町に水害をもたらすことへの警戒心は、現代人の脳裏からややもすると薄れ勝ちだ。それでも1947年のカスリーン台風では、荒川堤防を超える寸前まで増水した事実は決して忘れてはならない。

 

 少し付言すると、ここ岩淵は江戸時代には岩槻街道の最初の宿場だった。岩槻街道はここから荒川を横切って対岸の川口に向っていた。ところが幕府は江戸防衛のために荒川に架橋を許さず、旅人は渡船で渡っていた。

 

この街道は将軍家が日光に参詣する時に利用する経路、すなわち御成り街道であり、その時だけは一時的に橋を架けたという。この一事を考えても江戸幕府がいかに民衆の利益を無視して自家の安泰のみを考える後進的な政権だったかが分るというものだ。

 

社会基盤へ  文頭へ

 

(作成日: 10/11/22、 更新日: )

 

 

(施設情報参考)名称_住所_電話番号_駅からの概算路線距離(駅からの概略方位と直線距離)・所要時間・バス_展示規模_対象_開館時間(受付終了時刻)_休館日_備考_{施設情報確認日}開閉館時間と休館日はよく変るし臨時休館もある。事前確認が賢明

 

荒川知水資料館アモア_東京都北区志茂5-41-1_TEL 03-3902-2271_

a)JR宇都宮線・京浜東北線・埼京線赤羽駅東口から約1.5km(51degs. 1.2km)徒歩20

b)赤羽駅東口から都バス「豊島5丁目団地」行きで「岩淵町」または「志茂2丁目」下車徒歩10分。

c)東京メトロ南北線赤羽岩淵駅または志茂駅から徒歩15分_

駐車場 なし 公共交通機関の利用を推奨_大人子供_中_

9:30-17:00(16:30)

(ただし122月 16:30(16:00)79月 17:30(17:00))_

原則として毎月曜日(祝日を除く)、祝日の翌日、年末年始_{17/03/02}