八一記念館、北方文化博物館新潟分館、早稲田大学會津八一記念博物館

書と和歌と絵で渾然一体の境地を

(知への小さな旅:トップ→目次→人物→芸術家→)

芸術家へ  目次へ

 會津八一(あいづ・やいち 18811956)は東洋美術史の分野で大きな業績を残し、また歌人や書家として活躍した。故郷の新潟市には「會津八一記念館」が建てられた。

 早大を中心に幅広い分野で活躍した彼は、歌人としては奈良の古寺を詠んだ万葉調の歌集「鹿鳴集」で知られる。その中の一首は「いかるがのさとのをとめはよもすがら きぬはたおれりあきちかみかも」。

 彼は歌集「南都(なんきょう)新唱」の序で「われ奈良の風光と美術とを酷愛して、其間に徘徊することすでにいく度ぞ。……ここにして詠じたる歌は、吾ながらに心ゆくばかりなり…」と書いているほどだ。

 館内には彼の和歌・書・著作などが多数展示されている。彼は奈良美術研究の傍ら、その風光を和歌に詠んだ。その歌を秋艸(しゅうそう)道人の号で、技巧にとらわれない分かりやすい書体で書いている。

 彼の書は素人には一見して上手なのか、下手なのか分からない独特のものだ。彼は小学生時代に悪筆と評されたそうだが、お手本に忠実なのが上手というなら、もっともな話しだろう。悪筆の徒には心強い話しだ。

 記念館の前には「おりたてば なつなおあさき しおかぜの すそふきかへす ふるさとのはま」の歌碑が立っている。その隣は海岸砂丘の小高い松林で、それを越えると日本海の広がる砂浜に出る。今は海岸侵食の防止のため、テトラポットが並び、砂浜のイメージは当時よりかなり落ちたと思われる。

 また当館から少し歩いた所に「北方文化博物館新潟分館」がある。ここは当初、西山油田で巨万の富を得た清水常作の別邸として造られたが、後に越後千町歩地主の一人・伊藤家が購入して別邸とした。八一は晩年10年間ここに住んだので、邸中には八一の歌書や良寛の書が展示されている。ここには良寛の墨蹟も展示されている。

 一方、「早稲田大学會津八一博物館」には、彼が在職中に収集したコレクションを展示している。彼は早大在職中、博物館の設立を唱え、各種資料の蒐集をしていた。それは古代中国の立女俑(よう)や武人俑、明器(めいき)や鏡などで、漢代の明器には豚舎・井戸・農舎などが並び当時の生活様式が想像できる。

 また館内には奈良美術の拓本や彼の書もあり、また大学所蔵の考古資料や美術品、及びアイヌ民族文化財の土佐村コレクションも展示されている。

芸術家へ  文書の先頭

(作成日: 00/03/11、 更新日: )

 

(施設情報参考)名称_住所_電話番号_駅からの概算路線距離(駅からの概略方位と直線距離)・所要時間・バス_展示規模_対象_開館時間(受付終了時刻)_休館日_備考_{施設情報確認日}開閉館時間と休館日はよく変るし臨時休館もある。事前確認が賢明

 

新潟市会津八一記念館_新潟市中央区万代 3-1-1 新潟日報メディアシップ5階_TEL 025-282-7612_

新潟駅から徒歩約5分 万代橋手前の高層ビル_中_大人_

有料駐車場 あり_

10:00-18:00_

月曜日(祝日または振替休日ならば開館)、祝日・振替休日の翌日,

年末年始(12/281/3)

展示替えなどの臨時休館( 7/47/14, 9/2610/6, 12/1212/22など)や休館日の変更あり。来館に際して事前確認を推奨。_{16/09/19}

 

北方文化博物館新潟分館_新潟市中央区南浜通2-562_TEL 025-222-2262025-385-2001(本館)_

新潟駅から2.7km(55deg.W 2.4km),駅万代口バスターミナルから新潟交通バス浜浦町行で約15分「西大畑坂上」下車後徒歩3分_小_大人_

駐車場 2台あり_

(411)9:30-17:00, (123)9:30-16:30_

月曜日(祝日に当たれば開館し、翌日休館。)

年末、1月〜2月は冬季休館_

なおイベントや茶会などがある場合には開・休館予定が変わるから要注意_{17/02/11}

 

早稲田大学會津八一記念博物館_東京都新宿区西早稲田 1-6-1 早稲田大学 西早稲田キャンバス二号館内_TEL 03-5286-3835(直通)_

東京メトロ東西線早稲田駅から0.4km(N 0.3km)徒歩6分、正門から入って左手の建物_

駐車場なし_中_大人_

10:00-17:00(16:30)(月〜土)_

日曜日、祝日、大学の定める休日(夏季・冬季休暇期間・年末年始、入試期間など詳しくは要照会)_

なお企画展や大学行事日のため日曜日・祝日に開館する場合も年間何日かある。

また当館主催の企画展示の会期中の金曜日は開館時間が10:00-18:00(17:30)に延長_{17/01/31}